離婚を考える

結婚するときは一生一緒に居られると思っていても、結局うまくいかないこともありますよね。外国人の旦那さんや奥さんと離婚する場合のことについてご説明します。

まず国際結婚をした夫婦が離婚をする場合一番大きな問題はどこの国の法律が適用されるのかということになります。適用する国の法律を準拠法といい、日本では
外国人の夫、もしくは妻が日本に帰化している場合
夫婦の住民業が日本にある、もしくは5年以上滞在している場合
夫婦のどちらかが日本に住民行のある日本人の場合
以上の場合に日本で離婚するとき日本の法律に従って離婚することができます。

日本の法律が適用される場合は日本人同志の離婚とおなじで、協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚で離婚することができますが、配偶者の本国が協議離婚を認めない国であった場合や裁判離婚しか認めていない場合は審判離婚、もしくは裁判離婚の方法をとることになります。離婚自体を禁止している国もありますので日本の法律で離婚が成立した場合でも外国人の配偶者が離婚して本国に戻ったとき、再婚できないといった問題なども起こってしまいます。
国際結婚をした夫婦の場合には子供の親権問題など複雑な問題が絡んでくることが多いので、専門家にきちんと相談するした上で離婚に踏み切ることをお勧めします。